便秘の定義

大きいほうのトイレは、毎日行くことが健康といえます。
また、毎日行かないとスッキリしませんね。
この状態から外れてトイレに3日以上行かなかったり、便が硬くて量が少なくて残便感があったりする状態を便秘といいます。
この状態は人によって感じ方は異なると思いますが、不快な状態です。
決して快適といえるものではありません。
とくにトイレに行って残便感のある状態はスッキリしないので尚更不快に思えます。

では、どうしてこのような便秘が起こるのでしょうか。

まず、排便の仕組みを考えてみます。
人は生きるために食物をとります。
口から摂取した食べ物は胃を通過して小腸、大腸を通過して排便となります。
つまり、こういった消化器系を通って食べ物が消化されて便として体外に出て行きます。
消化器系を食べ物が通る際には蠕動運動によって食物の移動が行われます。

この蠕動運動が低下することが便秘の原因の一つとされています。
人はストレスを受けると副交感神経が活発になりますが、それが過剰になることによって蠕動運動が妨げられてしまうことがあります。
それによって腸内で食べ物が移動されずに排便に繋がらず便秘になります。
また、大腸の活動が低下することにより腸管の緊張が緩み蠕動運動が十分に機能しないために便が大腸内に長くとどまって水分がドンドン抜かれてしまい便が硬くなって排便が困難になることもあります。
それ以外にも直腸に便が溜まるタイプや疾病の関連に伴い消化器菅に通過障害が起こることで便秘に繋がることもあります。

いずれにしても、たかが便秘といって軽く考えずに対応することが大切です。


■特別外部リンク
便秘を解消した方達の体験談が紹介されているサイトです・・・便秘 解消